リースの利用を検討しよう

パソコンリースのメリット

パソコンをリースすると、初期費用が抑えられるというメリットがあります。また、契約終了後には、再びリースをするときに新製品への移行の決断が容易なので常に最新のパソコンを利用することが可能なのも魅力です。法人契約であれば、税制面でも有利になることが多いです。更に、金利変動による損失を受けないというメリットもあります。また、複数企業にリース契約の見積もりを取り常に安いところでリースができることも魅力となります。なお、アフターフォローがしっかりしているのが最大のメリットといえるのではないでしょうか。万が一パソコンの動作不良が起きた場合にもしっかりとしたサポートが受けられます。故障した場合には取り替えてもらうことも可能です。

リース契約のデメリット

リース契約のデメリットとしては、最終的にパソコンが自分のものにならず資産とならないことが挙げられます。また、契約終了後に新しいパソコンをリースしたときにはデータ移行を自分でしなければならず、データの移行が大変であることもデメリットです。なお、リース契約の場合は途中解約が不可能なところがほとんどですので注意が必要です。また、金利が比較的高めに設定されていることも多いですので要注意です。なお、ソフトウェアのアップグレードをしたいときには勝手にお行えないという不具合もあります。パソコンのカスタマイズも自由に行えないことがほとんどです。リースパソコンの場合はアドミニストレータの権限が強いため、仕事の上で差し支えがあることもあります。